住まい・インテリア

2014年11月24日 (月)

一足お先に

11月22,23,24日と阪急宝塚山手台で、O様のご厚意により完成見学会を開催させて頂きました。

今日は、O様邸のチャームポイントのご紹介です。
今回は室内ではなく、外観からです。

外壁は木目の落ち着いた色調のステングリーン。
それに、玄関ポーチから続くダイニングに面したライトグレーに塗装されたウッドデッキがやさしいコントラストをみせ、樹脂サッシの強いコントラストとのバランスを保っています。
そして、赤に塗装された木製の玄関ドアーが全体をセンス良く引き締めています。

強く押し出さず、センス良くまとめたシンプルモダンな、北欧テイストの飽きの来ない表情の外観となりました。

トーマス氏独特のデザイン感性、いつもながら上手いなーと思います。

最後になりましたが、O様、モコハウスを選んでくださいまして本当にありがとうございました。
これからもモコハウスを可愛がってくださり、しばらくは子育てに追われるであろうこれからの人生を大いにお楽しみください。

また、今後とも末長いお付き合いをよろしくお願いたします。

2

2014年10月30日 (木)

M様邸チャームポイント

モコハウスのFacebook で先に紹介されていますが、昨日堺のM様邸のお引渡しがありました。

トーマス氏の室内建築計画は平面だけでなく、上下階が連動(立体的)しています。
X・Y・Zの3次元空間を利用したデザイン(建築計画)が特徴ともいえます。

ただこのような3次元空間を構成させるためには、そこそこの断熱気密性能を必要とします。
当地域(Ⅳ地域)の次世代省エネ基準(Q値:2.7W/㎡K)をクリアーした程度では、空間的には快適でも、空調が効かず、盛夏や厳寒の時期に快適に住める家にはなりません。
したがって、現実的にはどうしても上下を分離してかつ部屋を区切って計画せざるを得ないのです。
すると、いくら大きな家を建てても建物内に入ると、小さな家にしか感じないのです。
逆に、モコハウスでは家全体を一つの部屋と考えることができるので、小さな家でも室内に入ると、結構大きな空間を作ることができ、その内外のギャップに皆さん驚かれるのです。
大きな空間で省エネで快適に空調を効かせるためには、やはりどうしてもⅠ地域(北海道)基準(Q値:1.6W/㎡K)以下の、Q値:1.0W/㎡K前後の数値を必要とします。

また、このような吹抜けを含む大空間は、簡易的な壁倍率の構造計算では耐震等級3をクリアーすることはしんどいのですが、モコハウスでは許容応力度計算で、構造設計をしているため、このような空間を作っても等級3をクリアーすることができるのです。

いずれにしてもM様、モコハウスで一生涯、いやその次の代まで快適に住み続けて頂ければと思います。性能、耐久性・強度、デザインとも次々世代になってもまだまだ時代遅れにならず、住み続けることができるように先を見越した設計をしていますから。

Facebookにも書かれていましたが、モコハウスを可愛がってくださり、これからも末長いお付き合いをよろしくお願いいたします。

写真は、M様邸の多々ある中のシンプルモダンなチャームポイントの一つです。
今までにお引渡しをしたどのお家にも必ず、目の留まるポイントがあります。

いままでモコハウスHPの完成写真は、記録写真的な撮り方をしていましたが、ブログではそれを少し外した写真を撮ってみたいとおもいます。
ただ想いやイメージはあるのですが、それを表現する写真の技術やセンス・感性がついてこないのがつらいです。

なお、完成写真はモコハウスHPの「過去の実例をご紹介」をご覧ください。(M様邸の掲載は少し先になります。)

Photo

2014年10月 4日 (土)

モコハウスニューバージョン

既にモコハウスのFacebook で紹介されましたが、モコハウスは新たに外壁にサイディングを用いたシリーズをラインナップさせました。

今までモコハウスでは手作り感を生かすために、左官さんでモルタルを塗りその上に吹付で仕上げをしていました。

ハウスメーカーのほとんどは外壁にサイディングを使用していますが、私はサイディングに、工業製品的なイメージ持っておりあまり使っていませんでした。

反面、サイディングは耐クラック性やメンテナンスの容易性という長所ももっています。
但し言うまでもありませんが、メンテの容易さと言ってもメンテナンスフリーということではありません。
やはりモルタル+吹付と同様、15~20年程度経年すると目地のコーキングの打替えや再塗装の必要があるのでそういう意味ではどちらも同じで、要はデザイン性の問題だったわけです。

今回トーマス氏の採用したサイディングは、下記写真のように木質を表現したサイディングの縦張り工法です。ポイントは縦張り工法を採用することによって、サイディングの外壁に良く見られるサイディングの接続部分の縦目地を目立たないように工夫したことです。

実際は、コーナー部分だけには縦目地が入りますが、選んでいるのが木の羽目板状の縦目地をデザインしたものなので、ジョイント目地の有無はほとんど解りません。

結果は、サイディングらしくないサイディングになりました。

トーマス氏に掛かるといかにも北欧の森の中に建つお家に見えます。

1

濃いチャコールの外壁と、見付け面積(正面から見た面積の事)の大きい白の樹脂サッシのバランスがきれいです。窓のレイアウトがいかにもトーマスデザインで、モダンに決まっています。もちろん外観のシンプルなシルエットが効いていることは言うまでもありません。

2

表情がいかにも「木」といった感じのサイディングです。

3

2014年9月 7日 (日)

夢をかなえる

先日モデルハウスのお隣にN様邸が完成し、モコ兄弟ができました。

車いじりとドライブが趣味のご主人様のご希望の一つに、ご自分の大切な愛車の保管と整備のための車庫がありました。

写真にあるガレージがそれです。

イタリアのお好きなご主人の車は、やはりイタリアンレッド塗装のアルファロメオです。

建物のカラーもイタリアにちなんだ緑・白・赤です。
勿論、国旗と全くの同色というわけにはいきませんが、設計者のトーマス氏がそれぞれの色を抑えながらも品良く、イメージをだして演出してくれました。

写真に写るガレージ゙の中には真っ赤なアルファ鎮座し、その中には写真の6気筒エンジンが鎮座・・・。
電気自動車にはない、さすがな雰囲気です。
イタリア車外観も情熱的ですが、独特のエンジン音が良いですね。

N様心いくまでアルファを楽しんでください。

渋く抑えた建物カラーをバックに、真っ赤レッドがより一層映えて見えます。

また、隣組になりましたので、何かあればいつでもご遠慮なくお声かけください。

*写真はクリックすると拡大します。

Photo

Photo_2

Photo_3

2014年5月19日 (月)

「オリーブハウスハウスの住人」邸のビフォー・アフター

先日、約2年前にお引渡しをした、猪名川町のU様邸をオジャマしてきました。

完成当時の写真はモコハウスHPの「完工実例集」の中の「オリーブハウスの住人」邸(U様邸)に掲載されています。この写真は、お引越し前の家具やカーテンなどがセットされていない状態の写真です。

今回の写真はビフォー・アフターのアフターの写真です。
これが同じ建物?って思うほど素敵にインテリアコーディネートされていました。

広角レンズを持っていってなかったので、引渡し当時と同じアングルの写真が撮れなかったのが残念ですが、愛情いっぱいに育てられてるモコハウスを見るのは、本当にうれしいものです。とても幸せなモコハウスです。

下の写真はリビングダイニング。赤をポイントカラーにうまいコーディネートがされています。

U

下の写真は、コーナーのディスプレー棚。(上の写真の右奥)赤が効いています。
バックの壁の色と、グリーンのコーディネートがとてもセンス良くまとまっていました。
サイドテーブルの花の色もマッチ。

U_2

モコハウスの奥行のある面台(上の写真中央奥)には、先日のモコハウス本社特設会場の「おうちで!フリマ」で買われた、手作りのかわいい木箱の中には鳥たちが・・・。箱のあいだには体内で香をたくと、パイプから匂いのでる、人形が、とてもかわいく、さりげなく置かれていました。

U_3

2014年5月15日 (木)

「おうちで!フリマ」無事に終わりました

おかげさまで、「おうちで!フリマ」無事に終わりました。

2日間にわたり、ミニ縁日で小さな子供さんを相手に相手してくださった、伏見台のMさんご夫妻。
これも2日間にわたり、お店番をしてくださった、Fさん、Kさん。

また前日にはIさん、茨木から出店のNさんご家族、また当日には駅前でチラシまで撒いてくださったMさん達。

ご協力は、全てモコハウスのお客様です。

結構なご来場者があり、皆様のご協力がなければ成立しないフリマでした。

最後になりましたが、会場の準備から最後の打ち上げまで初めから終わりまで、モコハウスNさんががんばってくれました。
ご苦労様でした。

終わってから、ご協力者全員(16人位?)がモコハウス本社近くの、Nさんの自宅に集まって、みんなでにぎやかに盛大に打ち上げを行いました。

私は、両日ともモデルハウス勤務で何もお手伝いができなかったのですが、打ち上げだけは参加。

ビールサーバーの生ビール、生酒でいつもの通り酔っぱらってしまいました。

面目ない・・・・。

Nさん後片付け大変やったやろうな!

ところで昨日は、好天の中、ツーリングに。

沿道の田圃はあらかた田植えも完了。
水の張られた田圃では、雨カエルの合唱、景色(色・音・匂い)は初夏。

写真は、田植えの終わった畦に咲く草花。
心地の良い、いかにも日本の里山風景です。

写真はクリックすると拡大します。

Photo

いつも走っているくせに気付かなかったのですが、昨日沿道に麦が植わっているのに気付きました。麦からはビール、うどん、パンを想像し結構な需要があると思うのですが、目に入るのはとんど水田ばかり。なぜなんでしょうか。国内産小麦粉がほしいのに。
農業の事が全くウトくてすみません。

Photo_2

1

2014年5月 9日 (金)

「おうちで!フリマリンクvol・8」いよいよ明日から

01234_3

いよいよ明日から、おうちで!フリマが始まります。

モコハウス本社2階には、日曜大工やテーブルなどが作れる材木の端材や、コースターや植木鉢の下にひくお皿・鍋敷に使えそうなタイルや、器用な人なら多目的に使えそうなタイル。

木製の手作りガーデン小物。北欧インテリア雑誌。

テーブルクロスやカーテンなど結構何にでも使えそうな、スウェーデン製のテキスタイル類。

小さな子供たちが退屈しないで遊べる、スーパーボールすくいや、ボール投げや、お菓子釣りなどミニ縁日も同時に、モコハウスのNさんががんばっています。

2階の準備はOKです。

結構お買い得なものがそろいました。

1階駐車場スペースは明日から合同フリマ会場に。

明日はモコハウス会場をぜひお見逃しなく。

お待ちしています。

2014年5月 8日 (木)

『おうちで!フリマリンクvol・8」開催

5月10日(土)・11日(日)の両日、8回目のツバメリンクフリマを開催します。

アイ!デザイン企画・モコハウス協賛のフリマを始めて、早いものでもう8年にもなります。
参加者の皆様のご協力ではじめたツバメリンクですが、年ごとに出店者も増え、毎年の恒例になってきました。

今回は協賛だけでなく、モコハウスも出店に参加します。

場所は、モコハウス本社の正面駐車場と2階を使います。

各出展者の合同出店ですが、モコハウスでは北欧直輸入生地のはぎれや、北欧関連雑誌、また材木屋さんの作ったガーデン小物なども出品します。
タイルや木材の端材などもあります。日曜大工などにも利用できますよ。

また、10日(土)は、手作りパン工房・川西で大人気の「はちみつ食パン」の販売、11日(日)には、能勢オーガニッククロッシングさんの「オーガニック野菜」の販売もします。

フリマ会場全体マップをご持参の方には「ミニ縁日」も楽しんでいただけます。

今年は全部で44店舗の参加です。
毎年楽しい掘り出し物がたくさん出ます。

地図を手にフリマめぐりも楽しいですよ。

尚、フリマ会場全体マップをお持ちでない方は、当日モコハウスの会場にお越しいただければ、お渡しできます。(モコハウスのホームページでも会場マップをご覧いただけます)

下の写真は、材木屋さんの娘さんの作った、ガーデンその他にも使える人気のかわいい木工品。

Photo

昨日は、これ以上望めないような自転車日和の中を、定番コースに色々と寄り道を加えて、90kmほど走って来ました。

下の写真は、千丈寺湖湖畔の新緑と若草の中に咲く花。いかにも5月というの雰囲気です。

Photo

下は、小休止したところでの、土留めの黄色いペンキを塗られたH型鋼と、土留めの枕木のような横矢板の隙間の間から緑が・・・。鉄と木と緑の組み合わせです。

Photo_2

2014年3月24日 (月)

箕面森町とは違うテイストのモコハウス

3日前、前回お引渡しのモコハウスとは少しテイストの違うモコハウスのお引渡しがありました。

比べて頂くと違いが解りますが、どちらも同じモコハウスです。
モコハウスでは、お客さまのデザインに対するお考えをお聞きしながら、トーマス氏がご意向に沿ってデザインしていきます。

分類すると、前回はナチュラル、今回はモダンスウェーデンという分類になります。
他に、トラディショナルやシンプルモダン、その他があります。

設計に取り掛かる前に、設計者がデザインを含め、間取り・仕上げその他細部に至るまで、お客様のご意向をじっくりとお聞きし、それを具現化しトータルにまとめていきます。
勿論、図面が出来上がるまでに何度も打ち合わせを重ねることは言うまでもありません。

詳しくは、モコハウスHPの完工実例写真をご覧ください。

10

リビングから2階ホール奥のロフトを見上げた写真。

3

こんな和室も。下部は収納用引き出し。

15

2013年8月13日 (火)

盆休み恒例行事

今日からお盆休み、と言っても13・14・15日の3日間だけで、16・17・18日はモデルハウスへ出勤です。

初日の今日は恒例の掃除日です。
先ず、朝の早い時間にウッドデッキのポリカ屋根の清掃、続いてついでなのでカーポートのポリカ屋根、室内のワックス掛けをしました。
(カーポートの屋根の一部がミドリ掛ってきたので、気になっていた。)

屋根も床もピカピカですっきり。
気持ちもスッキリです。
後はフリータイム。涼しい部屋で、冷たいワインを飲みながら本を読んでゆっくり。

屋根の上に上がるのは怖いので脚立に乗って、パイプをテープで2本つないだモップを使ってゴシゴシです。

Photo
脚立、モップ、シャワーホース、3種の神器。

より以前の記事一覧

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31