« モコハウス「多田グリーンハイツモデル」のコンセプト | トップページ

2018年8月10日 (金)

明日オープン、「多田グリーンハイツモデル」の断熱気密性能

明日オープン予定の6代目「多田グリーンハイツモデル」の断熱気密性能ですが、

1代目Q値2.4 W/㎡・K  2代目Q値1.6W/㎡・K 3代目Q値0.84W/㎡・K 4代目Q値0.69W/㎡・K 5代目Q値0.52W/㎡・K(UA値0.19W/㎡・K)に続き 6代目(今回モデル)Q値0.54W/㎡・K(UA値0.22W/㎡・K)となります。

因みにC値は4代目以降全て0.1㎠/㎡です。(すべて各邸共測定しています。)

*UA値:外皮熱還流率を表す。 平成25年省エネ基準では以下の通り決められている。(数値が小さいほど優れている。)

*(参考)北海道方面ではUA値0.46W/㎡・K、 当地域ではUA値0.87W/㎡・K。 モコハウスは0.22W/㎡・K。(モコハウスは当地域基準の4倍、北海道の2.1倍の断熱性能を持つ。

*C値:相当隙間面積を表す  平成11年の省エネ基準では以下の通り決められていたが、現在では取り決めはない。

*(参考)北海道方面ではC値2.0㎠/㎡、当地域では5.0㎠/㎡。モコハウスはC値0.1㎠/㎡(モコハウスは当地域基準の1/50, 北海道基準の1/20の超高気密性能を持つ、この数値は世界でもトップレベル。

下のグラフは、モコハウス箕面モデルの酷暑時の外気温度と室内温度の実測データーで、このような高レベルの超高断熱高気密性能の建物では、具体的にどのような温度分布になるのかを示す。

グラフから酷暑の外気温度37.8℃の時でも室内温度は1、2階ともに平均24℃台、因みに
1日中エアコンをつけっぱなしでも1日当たり約85円(こんな高温が30日間続いたと仮定しても2550円/月)と驚くほどの経済性と快適性を実現することが解る。

2017_2

なお、多田グリーンハイツモデルでの実測データーはこの夏まだ測定していないので有りません。
箕面モデルより大型の建物なので、箕面モデルのようなデーターが出るかどうか解りませんが、悪くはないと思っています。

因みに、多田グリーンハイツモデルでは12帖用エアコン1台で運転しています。

箕面モデルに比べて、2階の寝室などが入り組んだ間取になっているので、一番温度の低い部屋と高い部屋の温度差がいくらになるかが気になるところではありますが、±1.5℃程度の収まってくれればと思っています。

もし、各室間の温度差が発生してもこのレベルの超高性能住宅であればいくらでも対応の方法が考えられるので心配はありません。

測定結果はまたご報告します。

 

« モコハウス「多田グリーンハイツモデル」のコンセプト | トップページ

高断熱・高気密住宅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モコハウス「多田グリーンハイツモデル」のコンセプト | トップページ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31