« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »

2017年11月

2017年11月19日 (日)

本日のモコハウス箕面森町モデルハウス

今日は、当番で箕面森町のモデルハウスで勤務しています。

現在13時20分。天候は曇り。太陽がなく冷たい風が吹いています。外気温度10℃。
体感温度はもっと冷たく感じます。

箕面森町は大阪府ではありますが、とても自然環境が良くその分寒い地域です。
近頃では朝晩の気温は0℃程度まで下がっていると思います。

さて、モデルの室内温度の状況です。
2階のファミリールームに設置された8畳用エアコンの設定温度は23.5℃。風量は自動運転に設定していますが、現在は微風運転中。

1階の食堂の温度は22.9℃、1階の脱衣場は22.2℃、2階の寝室は23.5℃、子供室は24℃となっています。1,2階の温度差は1.8℃あります。

8月21日付の当ブログの記述では真夏時の1,2階間の温度差は0.4℃でした。

それに比べると温度差が夏より少し大きいように感じますが、単純にそうとは言えません。

というのは、当モデルではエアコンは真夏対策用として、冷気は下に流れることを想定して2階のファミリールームに1台設置し1.2階全館に冷気を行き渡らせ、温度差のない全館冷房の実現を想定していました。結果は前述のようにの凄い好結果となりました。

但し、真冬対策としては暖気は自然に2階に上昇するので、1階のリビングに夏と同じく8畳用のエアコンを1台設置する予定でした。
(*夏と冬で1階と2階のエアコンを季節ごとに交互運転するので、いずれにしても1台だけの運転となる。)

ところが、現時点では2階の夏用エアコン1台だけで、1番暖かい部屋と寒い部屋の温度差が1.8℃。実際の生活には微妙な温度差となっています。

今はまだ、真冬とはなっていないので、この温度差がこれからどこまで開くのかとても興味深いところです。

もし2階の夏用エアコン1台だけで全館暖房ができればすごいことですが、いくら何でもそこまで自然に逆らうのはチョット無理かな?・・・・とは思っていますが。

因みに1階の床の表面温度は22.9℃、2階屋根(天井)の表面温度は23.8℃を指しています。

いずれにしてもUA値0.2W/㎡・K恐るべしというところです。
実際に住んでみると実感させられる数値です。

« 2017年8月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31