« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

本当の快適さを得るための断熱性能はどれくらい必要?

モコハウスでは、今までにいろいろなスペックのモデル住宅を作って来ました。

つつじが丘モデルのQ値1.6W/㎡K→けやき坂モデルのQ値0.84W/㎡K→宝塚モデルのQ値0.69W/㎡K→箕面森町モデルのQ値0.52W/㎡Kなど。

最初のつつじモデルのQ値1.6W/㎡Kは次世代省エネ基準の等級4相当で、現在でも性能基準を十分にクリアーする性能なのですが、実際住んでみると各階、各室の温度差が感じられ、私には物足りなく感じられるものでした。(設定されている基準が低い)

そこで次に3棟目モデルのQ値0.84となったわけですが、これはまあまあ満足の出来るものでした。
でも、これよりもより性能アップを図ると一体どんな住み心地になるかを体感したくてたまらなくなりました。

そこで、次に宝塚モデルのQ値0.69となりました。
このモデルには我ながらも上下階の温度差の少なさに感動しました。

エアコンなどの空調もごく少ない電気代で、体にとてもやさしくマイルド(吹出の風量が少なくて済む)な感じで効いてきます。

多分現時点では十分に満足のいくものだと思っています。

でも、今回箕面森町モデルを作るにあたり、同じ作るならより断熱性能の優れたものを作ってみたいという思いからQ値0.52、UA値0.20W/㎡Kという国内最高の超高性能モデルを作ったのです。

この性能に関しては前々回の当ブログに書いた通りすごい性能です。

同業他社の中には、これはこの地域ではオーバースペックになるという方もおられます。

でも、私は住宅の断熱性能にオーバースペックはないと思っています。
今までの実績から性能を上げれば上げるほど、比例して室内の住環境は向上し快適になるのは間違いのない事実です。

高性能の快適さを知る人は、より高性能な家作りを目指すでしょう。
高性能な本当の快適な住宅を知らない人は、オーバースペックというでしょう。

熱は高い方から低い方へ流れることを知る限り、オーバースペックはありません。

つまり、寒い時には暖めた部屋の空気を少しも外へ逃がさない。また夏の暑い時には外の暑い空気を建物の中に少しでも入らせないことが断熱・気密の基本原則だからです。

今までに誰もが体感したことのないような、快適な住宅を作りたいと願うのは、モコハウスの夢であり信念です。

***モコハウスSSシリーズは、少しでも多くの方にリーズナブルな価格で、快適な高性能住宅に住んで頂きたくて作ったものです。

現在、市販の最高性能の断熱・気密建材を用い、これだけの超高断熱・高気密の住宅をこの価格で作ることができたのは、今までの断熱気密に関するノウハウの積み重ねだと思います。トーマス氏の設計アイデアも大きいことは言うまでもありません。****

ただ、性能を上げれば快適になることは間違いないのですが、高性能化には高価な材料と施工手間がかかります。つまりコストが発生します。

これからは、モコハウスが理想とする家づくり目線だけではなく、お客様目線で納得される、またはお客様自身にとっていいもののレベルを擦り合わせていく必要があると思っています。

住宅が十人十色である限り住宅の断熱気密性能を極めるのみならず、デザイン、材料、使い勝手、等々のお客様目線でご納得の頂ける住宅づくりを、モコハウスの理念を持ちながら目指すことが必要なのは言うまでもありません。

2017年8月24日 (木)

秋の気配…、でも暑い。

昨日の休日は、能勢・長谷の棚田方面へ走りに行ってきました。

外気温度は33℃ほどありまだまだ暑いですが、気配はもう秋。

過行くギラギラした真夏の太陽。私は真夏の暑さが嫌いではなく、積極的に外へ出ていく方なので、秋の気配を感じる景色を見ると少し寂しい気がします。

写真は、はや収穫の秋を感じさせる稲穂。

1fullsizerender_2

下の写真は、能勢の棚田風景。距離はそんなに長くはないですが、私には結構きつい登りです。下の方までずっと田圃です。

2fullsizerender_2

2017年8月21日 (月)

今日も暑かった‥‥、ところで国内最高性能の箕面森町モデルハウスの温度は?

まだまだ暑い日が続いています。

今日も暑かったので一日で一番暑い午後2時ごろに、モコハウス箕面森町モデルハウスの温度状況を調べてきました。

1階から2階までの各室の温度差は1階ユーティティーが25.7℃。外壁に太陽が直射している2階寝室でも26.1℃。1,2階の室内温度差僅か0.4℃。
オーバーですが驚異的と言っても過言ではないと思います。

また、表面温度計による表面温度は1階床面が25.2℃、その直上の屋根面が25.6℃とこれも僅か0.4℃の表面温度差。70℃を超えるガルバリウム葺き屋根の裏面温度ががなんと25.6℃なんて、信じられない現象です。

結論的に、1階・2階の各室の温度差と、各階各部屋の床・壁・天井面の表面温度がほとんど同じです。

因みに、この温度を保つためにモデルハウス(延施工床面積32坪)では8畳用のエアコンを1台運転していますが、必要な電気代は、昨日の実績の積算電力は3.5KW。(昨日の外気温度は34℃ありました)

毎日この猛暑さが続いたと仮定して、3.5KW×24円/KW×30日=2520円/月
つまり、この猛暑の中、月額僅か2520円で家中丸ごと24時間中≒26℃に保つことができるのです。

国内最高の外皮熱還流率UA値0.2W/㎡・K(熱損失係数Q値0.5W/㎡・K)の住宅の実力はこんなものです。すごさが実感できます。

下の写真は各部の代表的部分です。

2階吹抜け上部にセットされた8畳用エアコン

1img_0903_2

天井(屋根面)表面温度25.6℃

2img_0950

1階床表目温度25.2℃

3img_0960_2
1階ユーティリティー室温25.7℃

41
2階寝室温度26.1℃(西日がまともに当たる部屋

52img_0901
2階子供室室温25.3℃

2img_0957_2
エアコン専用積算電力計 昨日の使用量3.5KW・ 1階キッチン室温25.9℃

1img_0965_2

2017年8月 4日 (金)

真夏のツーリング

先日の休暇日、能勢・三田方面へ自転車ツーリングに出かけました。
休日と好天がうまくかみ合わないと走れないので、大体1.5回/週程度のペースで走ることになります。

自宅から一庫ダム経由で能勢町来栖 そこから定番の登り、はらがたわ峠、天王、篭坊温泉、小柿渓谷、見比峠、千丈寺湖、自宅の85kmほどのコースを走って来ました。

大汗かきの私も登りはさすがに汗だくになりますが、平坦地を風を切って走っている最中は風を受けて暑さをわすれ気持ちの良いものです。ただアスファルトの照り返しはムワーッとします。

今、モコハウス工事中の奈良のO様ご夫妻のような元気はありませんが、その背中を見て負けないように頑張って走ります。

はらがたわ峠手前の登り。しんどそう。(写真ではきつく見えないが)

Img_0860_3

登り切り、良く見ると茂みの中にひっそりと8%勾配の標識がありました。

Img_0862_4

三田尼寺付近 真夏の青い空と白い雲、濃い緑の山、実をつけつつある稲穂。
日本の夏。

3img_0864_2

« 2017年7月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31