« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月11日 (木)

モコハウス箕面森町モデルの「BELS評価書」

モコハウス箕面森町モデルハウスの「BELS」認定書

Bels3img_0781

Bels2img_0780_2

平成2841日から、新たな建築物省エネルギー性能表示制度(Building Energy-efficiency Labeling System)、通称BELS(ベルス)制度がスタートしました。

この制度は全ての建築物を対象として、省エネルギー性能などに関する客観的な評価や表示を行う制度です。

この制度は、従来は非現住建築物についてのみ適用されるものでしたが、今回、住宅にも適用されるようになりました。

BELS制度では、一定の定められた計算法によって建築物の一次エネルギー消費量を算定して、基準に基づいて省エネ性能を評価します。

評価結果は、5段階の星マークによって表示され、それが掲載されたラベルを建築物に貼り付けるなどの方法で掲示等することが可能となっています。

消費者にとっては、住宅などの省エネ性能という「燃費」を、客観的な基準でわかりやすく知り、比較することができるというメリットがあります。

また、BELS制度は、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン」に基づき、第三者の客観的で公正な住宅性能評価・表示協会によって評価などが行われます。あくまで評価が行われたことによって正式な表示が可能となるものであって、自分で勝手に評価した場合には、制度による表示を行うことはできません。

このBELS制度は、客観的かつ公平に省エネ性能が評価されたことを証明するツールとして、各企業において建築物の省エネを通じた社会貢献などをアピールする役割、消費者において住宅や一戸建ての購入時の判断基準を提供する役割など、さまざまな場面での役割が期待された制度です。

なお、BELS評価の表示については、先に述べたように、対象建築物の一次エネルギー消費量に基づいて、星5つまでの評価がなされます。対象となる建築物が、基準からどの程度の削減率を達成しているかを評価します。

建築物の用途ごとに基準は異なりますが、評価が高いほど星の数が増えていき、星二つが標準的な省エネ基準とされ、星3つが誘導基準と定められています。

対象建築物の年間一次エネルギー消費量がゼロであったり、ゼロに近い場合には、高い省エネ性能を持った建築物として、星5つが付与されます。

因みに、モコハウスは上記写真にマル印でマークしましたが、「5ッ星」、「UA値=0.2」
と大きな評価を受けました。

特にUA値=0.2というのは、前回のブログでも書いたように、ZEH基準となるUA値が0.6W/㎡・K(4~7地域)ですからその3倍ものスーパー断熱性能を持っていることになります。

このような超高性能な住宅は多分どこにもないと思います。

何度も書きますが、私は7月中旬盛夏の頃に完成するモデルハウスの完成を本当にワクワクしながら待っています。

少しオーバーな表現かもしれませんが、前人未到の世界が味わえるのではないでしょうか。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31