« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月

2016年8月 5日 (金)

究極の快適

Img_0457_5

はらがたわ峠付近

Mg_0564_2

レストアしたランドナー

先月30日炎天下の中、先日レストアしたランドナー(ツーリング用自転車)に乗って自宅から能勢のはらがたわ峠を越え、後川、青野ダムと≒94kmほど走って来ました。とにかく暑かったですが、谷間や木陰の下では室内のエアコンでは味わえない、驚くほど気持ちの良い快適さが味わえました。

外気温度は35℃前後だと思いますが、樹々に覆われた谷間のような場所では外気温度27℃室度60%少し上と推測されます。この状況は、重なり合う山あいの樹木の葉に覆われ、ほぼパーフェクトな断熱性能を持った広大な屋根の下に立っていると考えていいと思います。木々がほぼ完ぺきに太陽熱を遮断してくれるので、勿論地面にも熱は届きません。つまり頭上からも足元からも27℃程度の輻射熱を感じる状態と考えられます。

温度27℃、湿度60~65%の空気ならエアコンで機械的に作れます。
モコハウスではこの程度の空気環境なら家全体をエアコン1台で保つことは十分可能です。
猛暑時に各室間の温度差もほとんどなく、26℃・60%に保たれているというのは、それはそれで言うまでもなく充分に快適なのですが、猛暑時における谷間の快適さと比べてものたりない何かがあるのです。

それは風。<そよ風>です。

この風は、エアコンや扇風機からの機械的で一定の定常的な風ではなく、方向・強弱共に常に変化し、体全体をやさしく包み込むように吹いてくれる<そよ風>です。
*山の気流の快適さの原因は植物の炭酸同化作用による酸素の供給もあるのでしょうが・・・。

私は以前から、夏場における住宅の究極の快適さには温度・湿度・気流の3要素が必要なのではないかと感じています。現在では温度と湿度をコントロールすることは技術的に充分可能ですが、家の中全体にそよ風を吹かせることはとても難しいことだと思います。

言うまでもなくここでいう風とは扇風機のように部分的・定常的な風の事ではありません。最近の扇風機は微風とかゆらぎとかのモードがありますが、所詮機械的に同一方向から一定のリズム吹かせるもので決して快適とは言えません。(むしろ不快に感じることもある)

しからば、全窓を開放して家中に風を通せばということになりますが、一般的な住宅の屋根・壁に施された断熱性能では、重なり合う樹々の断熱性能とは比べるべくもなく、室内で外気温度に近い輻射熱を浴びながら、湿度と埃を含んだ熱風が家の中を吹き抜けるだけということになります。

但し、山間の空気は湿度のコントロールが出来ません。これは泣き所です。
対して、機械的に空気を操作するメリットは湿度がコントロールできることです。
体にまとわりつくような不快なジメジメ感は日本の夏特有の不快感の源です。

今の技術では温度と湿度のコントロールまでと言ってところで、家中にそよ風を吹かせるなど、贅沢すぎる望み。究極の快適な家造りを目指す技術者にとっての見果てぬ夢なのでしょうか。

取り敢えずのところは、35℃を超える猛暑の中、エアコン1台で全館≒26.5℃、≒62%を保っているモコハウスの展示場にでもご来場の上、今のところここまでという快適さを味わってみてください。

ところで、今まで乗っていたロードバイクと今回乗ったランドナーの違いや、ランドナー入手のいきさつはまたの機会に。取り敢えずは、完成に向けてお世話になったH氏、Y氏に感謝です。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年10月 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31