« モコハウス N邸の完成 | トップページ | モコハウス スウェーデン人建築家の自宅 »

2009年12月21日 (月)

モコハウスおやじのささやかな楽しみ

丁度6ヶ月前からジョギングを始めました・・・と言ってもスロージョギングですが。きっかけは、TV番組の「ためしてガッテン」でした。(スロージョギングと言うのは時速4~5km/hでゆっくりと走ることを言う。)

会社の近くのフィットネスクラブで大体週3回のペースでやってます。最初の内は本当に時速4kmほどで30分間程度走っていましたが、最近は時速5~7km/h程度にペースが上がってきました。加えて、30分ペースでは物足りなくなってきたので時間を1時間まで延ばしています。

ジョギングの後、お風呂に入って体を洗い、その後水風呂(13℃)に入って体の心まで冷やします。これも最初は抵抗がありましたが、今では最後の締めに欠かせない習慣になりました。水風呂から上がった後もチョッとしつこいようですが、仕上げに再度頭から水でシャワーを浴びて完成となります。こんな寒い時に正気かと思われそうですが、マジに正気です。これは一口では言えないほどとても爽快です。

この後、家に帰り家内の作ってくれているおかずをあてに、それに適した種類のお酒を飲む。これが最近のオヤジの小市民的ささやかな楽しみになっています。

1時間のジョギングと言いましたが、本当はやっぱり1時間はキツイのです。でも30分では少しゆるいのです。でも1時間走るつもりでも、最初から「今日は1時間走るぞ」と思うとしんどい感じが先行し気が重くなり、走る前から腰が引けてしまうので、「今日はしんどかったら30分でやめよう→(ハードルを下げる)」と思うことにしているのです。そう思うことによってとても気持ちが楽になって来きます。(心の中では当然1時間走を目指しているのですが)

そう思うことによって俄然気持ちが楽になり、結果的に1時間走が達成出来るのです。張切り過ぎないで気持ちを楽に持つ方が、結果として良い結果を生み出すのだと思います。

それと走る時にヘッドホンでジョギング用ミュージック(エクサミュージックをダウンロードして)を聴きながら走っています。私の場合は160BPM(この場合は1分間に160歩の走ることを意味する)のリズムを守って走っています。例えスピードが変化してもこのリズムを守るのです。このリズムを聴きながら走ると、なんだかリズムに手を引いてもらいながら走っているようでとても楽で、全く疲れ方、時間の経ちかたが全然違うような気がします。音楽(リズム、メロディー)を聴きながら走る事はこんなにも体が疲れないのだと実感出来ます。

何事にも肩の力を抜いて頑張らないで対応する、これは日常生活の中で案外楽に目標を達成できるコツかも知れません。

なにか目標を持って行動する時、いきなり高いハードルを設定しないで、越えやすい高さから始めると案外いつか高いハードルを越えるようになっているのだと思います。「千里の道も一歩から」、「急がば廻れ」これらの言葉は仕事はもとより、日常生活を送る中での真理だと思います。ただ、達成感を味わうには少しの無理が必要な場合もありますが。

私は体重を落とすために10年くらい前からクラブ通いをしていますが、現在のペースで300g/月程度体重が減っているようです。(但し、直線状に比例しない)

いつの日かの目標は10km/h以上の速度で、1時間以上走ることです。想像するだけでも気持ち良いだろうなあと思ってしまいます。年齢との競争になりそうですが。

今日はぐだぐだとつまらないことを書きましたが、日常の何かのご参考になればと思って書いてみました。

« モコハウス N邸の完成 | トップページ | モコハウス スウェーデン人建築家の自宅 »

外断熱と自然素材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/414863/32673187

この記事へのトラックバック一覧です: モコハウスおやじのささやかな楽しみ:

« モコハウス N邸の完成 | トップページ | モコハウス スウェーデン人建築家の自宅 »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31